1. ホーム
  2. 血液サラサラ
  3. ≫血液をサラサラにする梅干しの効能・効果

血液をサラサラにする梅干しの効能・効果

血液がドロドロになる原因は?

血液の役割は、体全体を循環する事で各場所に体内へ取り入れた栄養素を届けたり、老廃物を排出、酸素の運搬、体温の調節したりする役割があります。

しかし、その血液がドロドロになってしまうとそれらの機能が低下し、動脈硬化や脳梗塞、心筋梗塞等の重い病気になってしまいます。

しかし血液の状態は、普段表面にでるものではないので健康診断や病院で診察してもらわない限り確かめ難いものです。

そして、気づかないところで″不健康な生活習慣″が血液をドロドロにする原因となっています。

『仕事帰りが遅くて運動する時間がない。ダイエット器具はインテリア家具と化している…』

『野菜が嫌い。脂身タップリの肉が大好き! I LOVE GYU(牛)!!』

『甘いものを手放せない。..運動?何それ?おいしいの?』

『お酒やタバコは必需品。..無人島に行くなら何を持っていきますかだって?お酒とタバコに決まってるよ!』

このような不健康な生活習慣があなたの知らないところで、大切な役割を果たしてくれている血液をドロドロに変えてしまっているのです。

梅干しは血液をサラサラにするって本当?

本当です。普段何気なく食べているいる梅干し。ご飯に梅干し、おにぎりに梅干し、料理に梅干し。考えるだけで頬がジワリとし、口が*になってしまいそうですが、この食卓のお供に欠かせない梅干しには実は沢山の栄養素が含まれていて、ドロドロの血液にも働きかけてくれるのです。

梅干しのすっぱさは豊富に含まれるクエン酸のお陰です。
血液のドロドロの原因は、体内の体液が酸性化していることが要因とされています。

一方クエン酸はアルカリ性ですので、酸性化してドロドロになった血液を中性にし、サラサラにしてくれる効果があります。

また、梅干しには殺菌効果や抗アレルギー作用、風邪予防にも良いので毎日食べたほうが体にも良いのです。

食べ過ぎに注意!

何事もですが、健康だからと言って食べ過ぎることは良くありません。
梅干しにも塩分は含まれています。食べ過ぎると体の塩分は増えてしまいます。

また、クエン酸が胃腸の調子を整えてはくれますが摂り過ぎると逆に胃腸に負担がかかってしまいます。

更にすごいあのアイテム!!

梅干し、青梅の何十倍もの栄養素が含まれている『梅肉エキス』をご存知ですか?

これは、青梅をすりつぶし、十分に煮詰められたものです。見た目、香り、味からして健康なものであることが一発でわかるくらいインパクトのある梅肉エキス。

これには梅干しには無い″ムメフラール″が含まれています。梅肉エキスは前述でもお話したように、青梅のすりつぶして煮詰められたものです。この過程で梅に含まれるクエン酸と糖が結合し、ムメフラールが形成されます。

このムメフラールには血液内のコレステロールを減らすと共に血管にコレステロールが付着するのを防ぐ効果があります。血流を良くしてくれます。

お茶漬けにほんの少し混ぜて食べたり、暖かいお湯に混ぜて飲んだり、沢山の料理にも使えるようです。

まとめ

梅干しを毎日摂る事で体は少しずつ健康になっていきますが、だからといって生活習慣を改めなければ梅干しを食べる意味がありません。少しでも偏った食生活を改め、運動を定期的にしながら、食事に梅干しを取り入れる。そうする事で、あなたの体は健康へと向かっていくのです。