1. ホーム
  2. 血液サラサラ
  3. ≫血液の病気から遠ざかるおすすめの食材とメニューはこれ!

血液の病気から遠ざかるおすすめの食材とメニューはこれ!

最近身体の代謝が下がったなと感じることはありませんか?代謝が下がると体重の増加だけでなく血液中にも変化が起こっています。

代謝が下がるということは汗もかきにくく血液の動きも鈍くなっています。
さらに飲酒や喫煙をするのであれば徐々に血液がドロドロになって行ってしまいます。

ドロドロ血液が引き起こす重篤な病気に襲われる可能性があります。
これは長い時間をかけて食事で体内環境を変えていく必要があるかと思います。

今回は血管が詰まらないようなサラサラな血液を作り出す食材や簡単な調理法をお話します。

血管が詰まらないようなサラサラな血液を作り出す

血液をサラサラにする「玉ねぎ」

1つ目は血液サラサラにするためには有名な「玉ねぎ」。
独特の辛味を持つ「硫化アリル」が血液をサラサラにしてくれます。

様々な料理に変化させる事が出来ますがここではぜひ生食をおすすめします。
なぜなら硫化アリルは水に流れ出てしまうという特性があります。

スライスしてサラダや、みじん切りにしてオリジナルのドレッシングを作ってみてはいかがでしょうか。

実にも効果があるのですが!それ以上に皮にも多くの硫化アリルが含まれています。
玉ねぎを始め人参、大根などの野菜の皮を大鍋でコトコト煮ると美味しい野菜出汁を作る事が出来ます。

この出汁で湯豆腐やお味噌汁を作ると玉ねぎ丸ごと美味しく食べられます。

DHA・EPAが豊富!青魚

2つ目は青魚です。
魚の脂に含まれるDHA、EPAを積極的に摂りましょう。

特にはアジやマグロのトロ、サンマの脂が最高です。
おすすめはこれも生食ですが、塩焼きでも煮付けにして出来るだけ継続的に食べられるように工夫してみたいですね。

アジを素揚げして当日はそのまま食べて翌日は野菜と一緒に南蛮漬けにしてもおいしくいただけますよ。

大豆製品

3つ目は大豆製品です。
簡単に食べられるもので思い浮かぶのは納豆、豆乳辺りでしょうか。

納豆はそのままでも良し、チャーハンに入れても美味しく食べられます。

豆乳もそのままでも美味しいですがグラタンにしたり無調整のものならば鍋に移し火にかけて自家製湯葉を作ってみるのも楽しいですよ。

緑黄色野菜

4つ目は緑黄色野菜です。
特にニラ、パセリ、ほうれん草は効果が高いです。

ニラは数秒茹でて、お醤油をかけてお浸しも美味しいです。
パセリはどうしても脇役になりがちですが栄養素が詰まっています。

生のものを買っても冷凍保存が効きます。
丸ごと冷凍させて凍ったら袋の上から揉むと細かくする事が出来ます。

コンソメ味の洋風スープやコーンスープに振りかけるほか卵焼きに入れたりすると美味しくたくさん食べられます。

海藻類

5つ目は海藻類です。
手に入りやすいのはワカメやひじきでしょうか。

海藻類は腸内を綺麗にしてくれる食材ですし脂肪にならないのでたくさん食べても太りません。

ワカメはお味噌汁や酢の物の他、湯がいてサラダにしても良いでしょう。
ひじきも煮物だけでは飽きてしまいます。

鶏肉ミンチを使ったつくねやハンバーグに入れても摂れますよ。
上記のほうれん草わ白和えにする際にひじきを混ぜ込んでも美味しく食べられます。

まとめ

以上5つをご紹介しました。
結局のところ偏りないバランスの良い食事を摂る努力が必要ということです。

最初から品数を増やすことが難しい場合は一日一品ずつ増やしてみてください。
普段食べないお漬物をプラスするだけでも良いと思います。

お漬物は発酵食品で体内のコレステロールを排出してくれますし野菜も摂れますよ。

半年もすればドロドロ血液による病気から遠ざかることが出来ますし、自然と身体のラインもスッキリしてきますよ。

簡単なことをひとつずつ始めてみてくださいね。