1. ホーム
  2. 血液サラサラ
  3. ≫お酒を飲む人に朗報!生活習慣と血液サラサラの関係

お酒を飲む人に朗報!生活習慣と血液サラサラの関係

私は学生時代からお酒とタバコが大好きで、お酒は毎日500mlの缶ビール2本プラス、ワイン1本くらい、タバコは毎日1.5箱が当たり前の生活をしていました、さすがに30歳過ぎたあたりから、毎日咳が止まらなくなり、ある日、咳混んだ時に血痰が出て、それから禁煙を決意して、なんとかやめることができました。

しかし、そのぶんお酒の量が増えてしまい、毎日缶ビール2本、ハイボール2本、ワイン1本を空けないと寝付けないようになってしまいました。

問題なのは、大量お酒を飲むため、体にむくみが起きやすくなり、血流が悪くなったことです。

お酒で血液の流れが悪化

お酒に合う食べ物として、ハンバーガーや唐揚げなどの脂っこい食事を多く取るようになったため、体重も学生時代60キロだったのが、80キロ近くまで太って、仕事をしていてもすぐ疲れるようになってしまいました。

そして何よりも辛いのは、足のむくみと肩こりです。

お酒の量が少なかった時は、肩こりを感じたことがなかったのですが、お酒の量が増えてからは、夕方くらいになると肩がパンパンになって首もこるため、頭が割れそうに痛くなることが増えてきましたが、最近では、朝起きた時からすでに肩のコリを感じるようになりました。

足のむくみ

朝、会社についた時から、足がだるく、すぐに靴を脱がないと仕事に集中できないのです。

また、私は営業の仕事をしているため、1日に何箇所かのお客様を訪問することも多く、そんな時はみっともないのですが、移動中の電車の中でもすぐに靴を脱がないと、とてもだるくて耐えられないのです。

一日の仕事が終わり、家に帰ると、その辛さを解消するべく大量のお酒を飲むという悪循環が続いていました。

さすがに見かねた家内がお願いだからお酒をやめてと言い出したのですが、タバコをやめ、女遊びもしない、特に趣味もない私にとって、唯一の息抜きといえばお酒しかありません。

色々悩んだ結果、健康には変えられないということで、まずはお酒の飲み方から、考えることにしました。

お酒の飲み方を変えて血液サラサラに

今まではビール、焼酎、ワインと3種類飲まないと気が済まなかったのを、焼酎だけにすることにしておつまみもヘルシーなものに変えるところから始めたのです。

焼酎は血がサラサラになると言われる抹茶で試しに割って飲んでみました。

抹茶は1リットルのペットボトルにあらかじめ水と割っていれておき、それを焼酎4に対して6くらいの割合で合わせて飲むのです。

おつまみも自然にお茶に合いそうなおひたしや豆腐、枝豆のようなものにします。

それを続けてみたところ、なんと1週間ほどで素晴らしい効果が出ました。

まず、どんなに飲んでも翌朝二日酔いがない、そして今まで便秘がちだったのが、朝起きたらすぐに便意をもよおすようになったのです。

その結果、肌も綺麗になり、体重も少しづつ減っていきました。

辛かった肩こりと足のむくみが気がつけばだいぶ楽になっているのです!現在3ヶ月ほど続けていますが、どんどん体の調子が良くなっていくのを実感しています。

色々な人におすすめするこの焼酎の抹茶割り、肩こり、足のむくみ、便秘などにお困りの方はぜひぜひ試してみてください!