1. ホーム
  2. 血液サラサラ
  3. ≫血液サラサラで暮らすには

血液サラサラで暮らすには

健康でいるためにも、血液をサラサラの状態が大切です。

毎日のお食事に気をつけて、病気にならない生活を続けたいものです。
バランスよく頂くお食事が、非常に大切となります。

相乗効果を意識しての食事が必要となりますが、例えばカルシウムがビタミンとの組み合わせにより効果がアップされる事などです。

青魚と血液サラサラ

よく耳にする事として、青魚が血液サラサラには良いと言う事です。
青魚にはDHA・EPAが含まれることが良いのですが、コレステロールや中性脂肪の減少又血栓の原因も防ぐ効果があるためです。

血液サラサラでいるためには他にも、納豆の中にはナットウキナーゼと言われる成分が含まれているために血栓を溶かす作用があるのです。

バランスよく頂くためには、緑黄色野菜も食卓には必要となります。
食物繊維により、中性脂肪やコレステロールをおさえる作用があるのです。
血流・血管を正しく維持するためにも、リコピン・ビタミン・ポリフェノールが効果を発揮するのです。

玉ねぎのアリシンが血液中の脂質を減らす為、血液のサラサラに効果をあらわします。

血液がドロドロにならないために

この様に血液がドロドロとならないためにお食事には、気をつけたいものです。
血管がつまりやすい状態ですと、脳梗塞や心筋梗塞などの様な血管がつまる病気となる可能性があるからです。
血液がスムーズな動きとなる様な血管に、普段から心掛けていたいものです。

水分を小まめに摂る人は、免疫力が上がると言われていますが、血液の流れが良くなることにも関係します。
身体に悪影響を与えるお酒や、タバコは血液の流れを悪くしないためにも、控えたいものです。

健康であるためにも、血液の状態がサラサラかどうか知っておきたいこともあるものです。

血液の中の白血球・赤血球・ヘモグロビン・血小板などの数値が極端に多くなる事で、血液がドロドロとなる原因にもなります。

また血圧が高くなることも、血液の流れが悪くなっているためにドロドロの血液と関係することがあります。

血液中の脂質が多い血中コレステロール値が高くなることで、血液のドロドロの状態となります。
この際にLDLコレステロール値が、高いことで血管の詰まりなどに関係するのです。
これは血管中に含まれるコレステロールが多くなるためなのです。

血液サラサラの生活としたいものです。
過食はよくないと言われています。
食べ過ぎたことで脂肪は、血液をドロドロとさせるのです。

他に必要な事として、適度な運動も血液をサラサラにする方法です。
ウォーキングやお散歩などの有酸素運動からも、脂肪が燃焼しやすいからだにするのです。
基礎代謝を高めることが、血液をサラサラにする方法です。

まとめ

いきなりに病気になることはないものです。
普段の生活やお食事からつくられる、血液サラサラです。

現代社会には、健康な人と病気の人との間の未病と言われる人が増えてきているのです。

ご自分の身体はご自分で守るという意識で、生活をして頂きたく思います。

ストレス社会となりますが、ストレスは血管や自律神経に悪い影響を与えます。
血液をサラサラでいるためにも、上手くストレスの解消をして下さい。

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。